師走の花

89歳になられたいけばなの先生。お稽古は、私の家から歩いて7~8分の先生のお宅へ伺う。いつも、体に馴染んだ着物姿で、背筋もピン!と凛として、先生の周りだけ空気が透明で澄んでいるみたい。いけばなでお子さんを育て、生きてこられた。控えめだけど内側からにじみ出る強さに憧れる。こういう女性になりたい。玄関を開けたとたんに、神社の境内に入ったような(笑)そんな感覚が毎回ある。生け花を習いに来ているのか、清められ...

ミラクルサイクリング

久しぶりにR自転車集団@世田谷ものづくり学校へ伺った。この日、ポーターシルク406とご対面。私一人で乗るよりも、ポーターもRでみんなに可愛がってもらった方がいいのかなと思っていた。昨年末からRに預けていたままだったので、今更「乗りたいです」とか言って、いいのかなぁ。どうしよう…と、荒井匠に連絡するのも長いこと悶々と迷っていた。が、いざ、お伺いを立てたら、“使わないと意味不明。ケイコさんが主体で管理を。”と...

2011初釜 お道具備忘録

<濃茶席・広間にて>●春入千林処々鴬  はる せんりんにいりて しょしょ うぐいすはる せんりんにいる しょしょのうぐいす●のしあわび●結び柳大ぶりな結び柳に、青竹の花入れ。バランスいいなって思う。あぶら抜きなどしてない生の青竹なので、数週間後には色が変わってしまいました。お薄席の茶杓同様、多趣味なYさんのお手製です。紅白の椿は、格上の白を上に活ける●香合は、ぶりぶり●“戸袋棚”(とぶくろだな)で諸飾り●...

2011年 初釜

2011年1月上旬のこと。初釜に参加した。去年と同じ公共茶室に集まり、初釜といっても正式なお茶事ではなくて、お濃茶とお薄を頂き、ワイワイと松花堂弁当に八寸を頂く・・・そんな初釜。去年も冬晴れの気持ちいい日だった。肌に刺さるような寒さで、飛び石の間には霜柱が今年もお世話になるお茶室、水屋口(といっても普段ここからしか入らない)。空の青さ、竹の葉の揺れる音が心地良い外待合いの向いの梅は1月上旬に、すでに少し...