ヘリコニア

先生のお宅へ伺う時は70%位の確率で雨。
歩いて5分位の所に先生のお宅があるから、雨でもたいして問題はないんだけれど、
今回みたいな晴れの日には、愛車Kcoスペシャルを走らせるチャンスなので
これは嬉しい限りww
歩いて5分の場所へ行くのに、もうちょっと走りたい♪と思って、
遠回りしすぎて10分位かかることも(笑)。


●さて、玄関で迎えてくれたのは、こちら。

CIMG6988.jpg


中央の花とくるくるしているのは造花。
まわりの木の枝のようなものは、実は“サボテン”です。
CIMG7004.jpg

サボテンをこんな風に活けることもあるんですねぇ~。と、新鮮でした。
CIMG7006.jpg


●床の間に飾られているのは、前回に引き続き“紫陽花”。
花器は壺(前回)のものから大きな器に変わり、気の枝も使ったり、
全体的に白みが強い印象なので、今回の作品の方が涼しげにみえる。

CIMG6996.jpg


●わたしの花材は、
カラー
ヘリコニア
・ゴッド (斑入りの葉)

どの花材も特に技巧を使えるようなものではないとのことで、
素直にそのまま活けた。ので、こんな感じ。
CIMG6994.jpg

ヘリコニアは初めて使う花でした。
葉は、バナナの葉に似ているし、南国の花と言う感じ。
パット見たとき、ストレリチアと似ている?と思った。
調べたら、どちらとも同じ芭蕉科の暑い地域の花だからそう思ったと、わかった。


来月から月2回。今まで4回お稽古に伺っていたけれど、通える日程の都合やいろいろで、
2回に減らして通うことにした。
本当はまだまだだから、もっともっといろんな花材に触れてお花の特徴に合った生け方をまなびたいんだけど・・・しばし、我慢です。
関連記事

コメント

非公開コメント