へいわ盆踊り (&荒馬座)

今年で15回目を迎える「板橋ふるさとまつり・へいわ盆踊り」
このお祭りは、地域の町会や学童、おやこ劇場などの団体が実行委員会を作って
毎年続いてきているお祭り。

CIMG7286.jpg

パンフレットに広告載せる代わりに商店街や付近のお店から協賛金を集めたり、
昨年はそんなところで私もお手伝いをした。
最近は当日の出店(これも各町会やその他団体が出店する)なんかで手伝うことはしていないけれど、母が1回目から手伝いで参加していることもあり、毎年顔を出す定例行事となっている。


この日は、朧月夜でお祭りに風情が加わり・・・
気付いた人、どのくらいいたかしら?
CIMG7296.jpg


「平和公園」で行うこともあって、名前も「へいわ盆踊り」

親子で遊びに来る人たちも多くて、子どもの数が多いのも賑やかなお祭りを演出してくれる。
CIMG7306.jpg


おじさま方もノリノリで盆踊りを踊る。
東京音頭や秩父音頭も・・・
「いったば~し、いったば~し!」という板橋音頭は、私がいた時間には踊ってなかった
CIMG7309.jpg


私は幼いころ気が付いたら、“おやこ劇場”に入っていて2カ月に一度観劇をしたり、
夏にはキャンプに行ったり・・・という生活を中学生くらいまで送っていたので、
このお祭りに来ると、地元パワー炸裂!で、ここでしか会わないメンバーや、知り合いから声をかけられ「来年はこっちで参加してよね~♪」と・・・。
がその度に毎年毎年、笑顔で「そのうちね~♪」と流してきている。
もうそろそろ逃げられない状態になってきた感を今年は受けた。
来年はどうなることでしょう・・・

おやこ劇場のコネクションにより、第1回目から「荒馬座」がプチ公演をしてくれるのもこのお祭りの魅力のひとつ。
CIMG7279.jpg

お腹にドンドン!と響く和太鼓の音。それからお囃子。
野外なので、なおさら気持ちがいい
CIMG7283.jpg


小学生のとき、荒馬座に和太鼓を教わり何かの企画で発表会のようなものに出た記憶がある。なかなか良い音が出ないし、腕だけでなく、腹筋、背筋、脚…全身を使って太鼓を叩くので、かなりハードで大変だったのを覚えている。
他の太鼓とリズムを合わすのも、バシッ!と決まる“一音”を出す難しさを体験しているので、迫力もすごいけど、うむむむむ・・・と唸ってしまう。
さすが、プロは違いますね

動画でも撮ってみました。

[広告] VPS



ぼんぼん風船(正式名称はなに?)は、お決まりの遊び道具。
CIMG7317.jpg

小さい頃に買ってもらって、ぼんぼんぼんぼん・・・連打しまくって遊んでいた。
最後は、割れて気持ち良い?終わり方をしてくれたら「うぅー、残念。」と諦めがつくのだけれど、数日かけて家でしわしわ小さくしぼんでいく様を見る場合は、なんだか切なかったのを思い出した。
CIMG7320.jpg

夏を感じるイベントのひとつ。
関連記事

コメント

非公開コメント