ピンクの塩が美味しい件

1日の体験だけで、blogを立て続けに更新してるあたしって、どうかしてる・・・
けど、ちゃんと書きたいと思うことばかりなんだもん!


●サラダにかけるドレッシングは、ノンオイルを選ぶようにしてます。体型気にして。
(その割に毎日“あずきバー”か“ガリガリくん”食べてる)

塩の種類とか、正直よくわかりません。
味の素は家にはないです。伯方の塩はありますが。
目玉焼きにかける頻度が高い順に、
クレイジーソルトサラダエレガンス > 醤油 > 塩 > ソース・・・
マヨネーズはお好み焼きにしか使いません。

と書き挙げてみると、塩分濃度の高い食生活をおくっている


そんな私が今回うっかり出逢ってしまったのが、ヒマラヤの岩塩。

CIMG7575.jpg


どれもネパール国産の証明のついた岩塩。
CIMG7579.jpg


キレイな石たちに見とれていると、一見、無愛想っぽい?おじさんが(失礼!)
「味見してみる?ちょっと手をだしてごらん?」と勧めてくれた。

CIMG7576.jpg


●まずは、一番濃い、黒に近い赤の岩塩。
11種類のミネラルが含まれているとのことで、いろんな味が濃いぃのはわかったけれど、硫黄の味がツンとしてる。肉や魚にかけて火を通すと、硫黄の臭さが抜けて調和する。
そういう調理には抜群とのこと。


●お次に、真ん中のピンクの岩塩。
こちらはミネラルの数が9種類に減ったけど、硫黄臭はかなり薄くいろんな味がしてそのままで美味しい。生野菜にミルで削りかけるだけで、ご馳走サラダになりそうなお味。
普段食べ慣れている卓上塩よりも味がものすごく濃いので、使う量が減りそう。
ほ、ほしい・・・


●最後に、白く透き通った岩塩。
これはさらに含まれるミネラルの量が減る。塩味が前面に出て、尖ってシャープな感じ。


おじさんは、口数が少ないけれど良心的で温かく、会話が進むうちに、
“ハイジのおじいさん”と話している気分になってきた。そんな年じゃないけど。
CIMG7577.jpg


ミルは岩塩専用のものを選ばなくちゃ、刃がすぐダメになっちゃうから注意だよ。
プジョーとか有名メーカーのミルもあるけど、それは値が張るからね。
これは台湾製だけど、同じくらい良くできた刃だから普段使いには丁度いいよ・・・

CIMG7581.jpg


もう、あたし、買う気満々(ハイジのおじさん、何気に商売上手じゃない?!)
中くらいのサイズ(80g)のミルで中身は、もちろんピンクの岩塩をチョイス。1500円也。

ファーマーズマーケットにはほぼ毎週出店してて、ネット販売もしていると。
ただ、8月はこれからネパール行っちゃうから、次は9月に出店するそうです。

私としたことが、
お店の名前もHPも聞き忘れた・・・ま、おじさんから直接また買いに来ればいっか。

「中身はサービスで売ってるよ。ミルの代金だけだよ。もうちょっと足してあげるね」と。
それから、もひとつ、別のオマケもくれた!(内緒だよ)

CIMG7582.jpg


ハイジのおじさん、ありがとう!

CIMG7584.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント