パーフェクトデモンタ

2010年1月、科学技術館で行われた『ハンドメイドバイシクルフェア』
荒井さんが出展した“パーフェクトデモンタ”

CIMG3979.jpg


同フェアで「ちょっと変った自転車」部門で、
匠が一緒に出展した“ハンモック自転車”があまりにもユニークでキャッチ―だったので、
『ハンドメイドバイシクルフェア特集』を組んだ自転車専門雑誌やネットTVでは
そちらに注目が集まった。
かくいう私も、“ハンモック自転車を作った荒井さん”・・・というのが初めての印象。

しかし、荒井さんが本来の力量を発揮した“パーフェストデモンタ”は後から
じわりじわりと正当に注目を浴び、支持を得ています。

自転車に詳しい方は、最初から「“パーフェクトデモンタ”ヤバい!!!」と
夢中になっていらしたようですが(私、最近になってそのヤバさがわかり始めた)。

・・・ということで、もう一度“パーフェクトデモンタ”の魅力をおさらいしてみます♪
※今回は、鳩山での動画付き


●まずは写真で。再度、こちらの完成車が・・・

CIMG3979.jpg


前方と
CIMG3991.jpg


後方と
CIMG3997.jpg


チェーン部分と
CIMG3998.jpg


ほぼタイヤサイズに収まる3分割になるんです
CIMG4019_20100916230547.jpg


●では、動画で説明いたしましょ
(聞き手は『モノスタイル・ジテンシャ3』取材時の記者さん)


●はい、解体ショーのはじまりです


いかがでしたでしょう?


●マニアなあなたには、オマケの写真をプレゼント。

CIMG3977.jpg

CIMG3970.jpg

CIMG3975.jpg

CIMG3972.jpg

CIMG3974.jpg


チカチカ光っている小さなライトにも、ちょっとした仕掛けがあるんですよね
CIMG4005.jpg


実物、見たい~!という方は要相談ww
これからも荒井さんの技術と工夫とユーモアの溢れた、美術品のような実用自転車が
誕生していきます。その計画は水面下で動き中♪

乞うご期待!
関連記事

コメント

非公開コメント