【お知らせ】2010東京大茶会

秋はお茶会シーズン。
10月には、 『2010東京大茶会』が開催されます。

img075.jpg


「東京文化発信プロジェクト」の一環で行われるこのイベント、
今年で第3回目を迎えます。

始まったきっかけは、東京都のオリンピック誘致事業のひとつとしてだったと思いますが、
それが好評だったため今年も続いている・・・というとこでしょうか。(たしか)

「東京大茶会」の由来は、1587年10月の「北野大茶会」(豊臣秀吉主催)にヒントを得て、
420年後の今、伝統ある日本の茶文化を守り伝えるべく開催ということらしいです。



●「東京大茶会」
2008年の第一回目は、中島の御茶屋“芳梅亭”でのお席は人気が高く(500円だし!)、
お茶券を買うために1時間待ちで、その後さらに待ってお席に入る・・・
という混雑(混乱)もありました。
2008年の様子はこちら → 『2008東京大茶会』にいってきました
→ 東京文化発信プロジェクト・2008年公式レポート

翌年はその点改善され、そのお席は事前申込制に変わり、
広い庭内の至るところに竹のオブジェが飾られたり、
野点席のお客様誘導係の人がテキパキしてたり・・・と進化をしていました。


そして第3回目の今年はどのような工夫、楽しみが??
img076.jpg


●野点席
浜離宮恩賜庭園で行われる野点席は、内堀広場で4席あります。
それぞれの区が1席ずつお席を受け持ちますが、今年は私の住む区にもお声がかかり、
10月16日(土)の野点席で、私も師匠のお手伝いとして参加することになりました。
お点前やお運びをさせて頂きます。

野点席は、すべて椅子が用意されているので座ってお召し上がり頂けます。
お茶券は当日、庭内の“お茶券取扱所”にて1席200円で販売されます。

立礼卓を使った立礼席と、盆点前の野点席がありまして、私の区は盆点前。
今日はそのお稽古をしました (当日はもっと華やかですぞ)
DSC00848.jpg


●お席に入らなくても、入園料300円だけで楽しめるのが“イベントスペース”。
東京藝術大学邦楽科の演奏や、芸妓さんの舞踊が行われます。

●外国の友人と一緒に・・・
英語解説が付く“イングリッシュ野点”もあるので、お茶や日本文化体験を気軽にして
頂くにはちょうどいいチャンスかもしれないです。

イングリッシュ野点
公式HPより拝借


と、秋のお勧めイベントのひとつをご紹介。
自分にプレッシャーかけちゃってますけど(笑)、
庭内で私をみかけたら声をかけて下さいまし♪(わかりましたら・・・)
関連記事

コメント

非公開コメント