【ポーターシルク406】フレーム完成♪

この自転車、そもそものコンセプトは・・・
「女の子が気軽に電車に乗せて、自転車と一緒に旅行ができる自転車」(荒井さんより)

DSC01028.jpg



●以前、鳩山サイクリング(2010年3月)をした時のこと。

家から鳩山まで自転車で運んで、そこからサイクリング・・・
電車で鳩山最寄り駅まで行けるのに、車じゃないと自転車(Kcoスペシャル)持っていけないよー!

平日の都内移動は電車が95%で、自転車に乗るなら休日にあえてレジャーで・・・
という乗り方しかできてないんだけど。
電車と自転車をもっと気軽に使い分けて都内も移動って、できないのかなぁ。
そういう自転車あるのかなぁ。

だけど、154cmの私サイズの女性向け(ここ重要)自転車って少ないらしいですよね・・・。


というところからの実動だったと思います。

で、「こんな風に乗れる自転車欲しい!荒井さんしか作れない(はず)!!!」
とお会いする度に、しつこく荒井匠を洗脳し(笑)
「いや、Kcoちゃんと会う以前から作らなきゃとは思っていたんだけど・・・。」
という言葉を現実にしてもらえたのが、はいこちら!

DSC01016.jpg


袋に入れて小脇に抱えられます♪
後輪をそのままコロコロ転がして移動できるので、むしろ抱える必要もなし!
っていうか、この薄さ!自転車縦にしただけじゃん!
しかも、ちょー軽い☆


●乗る時はこんな感じで・・・
ロードレーサーと同じ細い20インチタイヤなので軽い走りができるのさ

DSC01024.jpg


●で、持ち運ぶときには・・・
ハンドルステムのネジを外すと、ホークとハンドルがフレームから外れ、
前輪をフレームの中心に納める。
複雑な後輪は外さずに薄くなって袋に入れられる、という。

だいじょーぶ、これだけシンプルなら組立解体、アタシもできるよー!


●実物は、サイクルモード2010 「5LINKS」さんのブースで初公開。

私の空想、妄想、夢・・・現実に形にしてくれてありがとう!!!!!


ちなみに、フレーム材質は、“TANGE PRESTIGE MTB”
(『クロモリロードバイク・出版』に“丹下が誇る超軽量”と載ってたのだな)
関連記事

コメント

非公開コメント