AR三兄弟さんと拡張する私の妄想

今朝のこと、電車に乗って暇つぶしにtwitterを流していたら・・・

@ar3bros 本日2/14(日)、渋谷 PARCO Part1 8F 14:00-15:00、東のエデンシステムの実演とAR三兄弟のパフォーマンスやります。過去ネタ一挙公開するとともに、うっかり最新作も披露しますので、お近くの方は是非!

との情報をゲット☆

お、この時間、近くにいる予定だぞョ。
ちょっくら遊びにいってしまおぅ!

ということで、ちょっくらAR三兄弟(長男さん)のパフォーマンスを観にいった。

会場は、渋谷PARCO part1の8F。
たしか前回の「東のエデン」のパフォーマンスをなさった時も、吉祥寺PARCOだったから、AR三兄弟さんはPARCOさんと仲良しなのね♪ 次は池袋PARCO(特にP′PARCOあたり)に来てくれると嬉しいな!なーんて考えたりww


10分遅れで会場に着くと、なんだか人だかり。
あ、ビデオ撮影してる人もいる!

CIMG4799.jpg



若干年齢層が高い。あ~、業界関係者が多そうな気配&クリエーターらしき方々がたくさん。それから技術者(研究者)っぽい感じの人、アートとしてARを捉えて見にきてそうな人とかウンぬん・・・。

とりあえず、長男さんの説明を聞いたら、もう少しAR、理解できるのかしら?
と、AR忘年会、吉祥寺PARCOに続いて、再度チャレンジ!

CIMG4807.jpg


男前な長男さん。
CIMG4803.jpg


・・・だ、ダメだ、やっぱりAR、私には魔法!!!


魔法は魔法のままにして。
仕組みがわからないから妄想を飛躍できる。
という開き直りで私のAR妄想を拡張してみたww


<AR、こんなことできたら素敵だな妄想>
うららかな春。色とりどりのチューリップ畑が広がっている。
「いろんな種類のチューリップがあるわねぇ。だけど、こっちは何て名前のチューリップなのかしら?ちょっと見てみようかしら」
と端末を畑に向けてかざすと解説が画面に出てきた。

「ん?けど、ARのマークがないぞ?」
と、よーくよーく捜してみた。けれど見つからない。しょうがないので、公園の人に聞いてみると「ほら、このチューリップ。よくみると、人工のチューリップなんですよ。このチューリップがマークなんです。」と教えてくれた。

「そうなの~?粋な計らいね。本物のチューリップは時が経つと枯れてしまうけど、最後まで咲いている花がARのチューリップという訳ね」と、納得。

するとそこへ、蝶の群れが飛んできた。
「ワ~素敵。チューリップに蝶♪ 写真に撮っておこうかしら」
と、同じ端末をかざしたところ“springコレクション・・・”と化粧品の広告が画面に流れてきた。

「何これ!雰囲気ぶち壊し!なんで蝶に向けたら広告がでてくるのよ!」と、よーく蝶を観察すると、群れの中の一匹が変な動きをしている。
「あ!これもARの蝶!!!」

と、こんな使われ方もするのかもww



<だけど、ここで疑問。。。>

ARチューリップは、公園が来園者にむけて親切心で用意したAR。
一方、ARの蝶は、“チューリップ畑、蝶の群れ”というシチュエーションを利用した企業の広告で、来園者はみたくて見たわけではない。

空間に浮かんで移動するAR蝶を取り締まる方法なんてあるのかしら?(疑問1)

それにビルに張ってある看板のような広告にはそこのスペースを利用するための費用がかかるけれど、AR蝶は小さく、しかも空間を移動する。
“空間に浮いている”というAR蝶は、その土地の上の“空間利用料”のようなものを支払う必要があるのかしら?(疑問2)

そもそも、空間は商品になるの?それとも、水と同じように人類の公共財なの?(疑問3)


私ですら、こんなAR妄想を拡張して、疑問を持つのだから研究者はいろいろ議論をしているんだろうなぁ。近い将来、この疑問の答えを知る機会がくるのかな?


最後に<お知らせ>
今日のAR三兄弟・長男さんのパフォーマンスが日経MJ(流通新聞)の「トレンド面」に載るそうです。2月中旬のこと(あ、今もう中旬ね)。
いちいちパフォーマンスに驚いたり楽しんだり反応しちゃった私は、“お客さんが楽しんでいる姿”という写真として、うっかり日経MJデビューしちゃいます(^-^;

なんだか最近、友達や知り合いのところへ遊びに行って
“うっかりデビュー”が続いてる…。
関連記事

コメント

非公開コメント