先取りすぎる、寒に花

1月も半ばすぎ。
足の指も手も悴かむ...というか、凍ててる。

そんな日に花屋さんが用意してくれたのは、チューリップと菜の花。
(どう考えても先取りしすぎでしょう!?)
それとユキヤナギ。


「蕾のまま咲くのでしょうかねぇ。暖かい部屋ならいいのかもしれないわね。」
そうですねぇ。

次にくる言葉は何となくわかっていた。
「水切りしてください。」

はい!

翌日、家の一番暖かくしている部屋にいけたからか、
咲いたチューリップの花。

DSC04433 (2)


菜の花は、前に傾斜させていけたのに、上へ上へと伸びる。
“起きる”ではなくて、曲がって垂直に上へ向かって伸びる。

DSC04444.jpg

去年もビックリしたけれど、
菜の花は、ホント上に向かい伸びるパワーがもの凄い。


ユキヤナギ
DSC04445.jpg

こういう小さな白い花好き。
インパクトある大きな花より好き。
レースフラワーとかも。


●玄関のお花は季節に沿う
DSC04417.jpg


この横にひっそりと、先生作の俳句が短冊に書かれてるのですが、
それはアップしないでおきます。
どこに投句したか?とかで、いろいろあるって聞いたことあるし。


●床の間も
DSC04424.jpg


密度のあるところと空間と、力の流れ・・・

大きくも小さくも、広がりもきゅっとまとまった感じにも、
そういうのを計算して。
設計するというより感覚的にいけられるのは、経験なのか才能なのか。
その両方か。

ここにも、守破離が。


私はお茶や花を学び、それを通して何をみたいのだろう?


茶道と華道、嫁入り前の…って見られるのは承知だけど、
背中がゾゾゾーっと鳥肌立つの、言われると。
関連記事

コメント

非公開コメント

>ちいちゃん

ずっと続いてる趣味というか、熱っぽくて冷めやすい飽きっぽい性格なので、
できるだけ長く続けられる(興味を持ち続けられる)ことを捜したら、ここに行きついたという。
根っからミーハーなんだ、私。

にしても、40、50、60代って・・・だいぶ先だなぁ(笑)
そのときお互いどんな状態かわからないし、その時やりたいことが変わってるかもしれないし。一緒になにかやりたい、そう思ったときに具体的に決めて進めちゃおうよ。ちいちゃん、やりたいこと、何かアイディアあったらプリーズです。

床の間のお花がステキだね。

ずっと続いている趣味というか習い事があるのってすごいねぇ。

私には今はとりあえずフランスに関する諸々を吸収するという趣味があるぞょ。

40代か50代か60代か、どこかでけいちゃんと私の趣味がリンクして何か行動を起こせたらステキですな。

とりあえず今じゃないけど。笑