きっかけを蒔きたい、と思ふ

“道”のつく分野は、どこまで開示していいのか?判断難しいところがあるのでしょうが。
とりあえず私のblog、そこまで訪れてくださる人数も需要も低いので忘備録として更新してます。

DSC04275.jpg



お席にはいる前後で写真をとると、
「そんなにしっかり記録とられたら恥ずかしいわ。どうしているの?」
と先生に問われる。その度に、はぐらかしてしまう。

同じ流派だとしても、住む地域によってもバックグラウンドによっても、解釈も好みも違うだろうし。
そういう難しさもあるから、先生は“記録を残す”ことに躊躇いがあるのだろうな、なんて思いつつ・・・更新してしまってる。
「書物に残さない(頼らない)伝え方”も、茶道のひとつの流儀なのもわかってるのに。


だけど、今の時代はネットというツールがあって。

今まではニッチな分野の限られた範囲でしか共有されていなかった共感を、
世界中にひろげるチャンスがある。

本当は知りたい人がたくさんいるのに、知られないままでいるコトやモノや人・・・
茶道に限らず、もったいない!と思うのです。

もったいない、もったいないよー!

だったらblogに残しておけば、数年後にでも誰かが掘り起こしてくれるかも。
それが、誰かと誰かの縁になり、何かが始まるきっかけになれば私は嬉しい。
そして少しでも、社会がよりいい方向に進むことを切に願います。

きっかけを蒔きたい・・・

そういう気持ちで、blogの更新しています。



お席に入ったらメモをとるのもNGなのに、ましてや写真を撮りblogにアップしてるなんて・・・
ごめんなさい。

blogにアップする行為は、私の独断なので関係する方がもしここに辿り着き、
不快な思いをしてしまうようなら、全て削除する予定。
相談してから茶道に関してblogエントリーするか?決めるのが筋だろうけど、
そうするとなかなか難しいだろうと思って。

いつまでできるかな?
関連記事

コメント

非公開コメント