5月 なげいれ

いつも稽古には、花屋さんが花材を選んでもってきてくれるのだけど。
背の高い花器に適した花材になかなか出会えずやっとできた なげいれ。

剣山に刺さずに、花器の内側面や枝同士を支えに活ける。
内側面にちょうど角度を沿わせて茎や枝も切る。

●枝ものは、木五倍子(きぶし)
花は、芍薬と菊。茎のしっかりした花だったので、できたのかな?


とりあえず。

思うようにバランスがとれず、「この角度でここになら入る!」という感じにいけた。
先生も「とりあえず、活けてみてください」って言うので、その通りに(笑)

DSC04848.jpg



花器の直径に合わせてカットした茎に枝物を藁で固定した。

DSC04857.jpg


なんだかなぁ。
とりあえずのとりあえず。


●床の間には、先生のいけたお花。
草月展「咲くや言の葉」2012年6月7日~12日@新宿タカシマヤ 
のチラシが貼ってありました。

初日に伺えましたが、ほんと行けてよかった。
ぐっときた姿や自分がどういうところに惹かれるのか、ハッとしたり...

DSC04845.jpg


いけばなに関わらず、私もなにか
だれかの心に響く ものでもことでも、できたらいいな。
関連記事

コメント

非公開コメント

先生の床の間のお花はやっぱりフランスの匂いがしていいなぁ。

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます