ヘチマの刺激

前回、鳩山に伺ったのは 7月上旬だった。
真夏のお天気ニュース・本日の最高記録の常連 “熊谷” に引けをとらず、
今年は “鳩山” も目に耳にするようになり、
「あの鳩山工房で、元気にしているのだろうか・・・」と思いつつも、きづけば10月。

緑のカーテン計画で、去年はゴーヤを植えていたので、
今年はヘチマも!とリクエストしたら、後田さんと植えてくださっていた。

その後、
匠 「ゴーヤ、今年も実がなりました。ヘチマは実がつきません。どうしてでしょうか。」
私 「や、言いだした私が何もしなくてすいません。わたしの愛情不足でしょう…」
とか、何度かやりとりしつつ、そのうち
匠 「ヘチマ、急に実をつけています。なんとかして」という連絡になり、

“なんとかして” とは??
とりあえず、早々に伺ってみなくては!と


行けたのが夜だったけども、様子が明らかにおかしい。
ヘチマによる 緑の土手・・・

DSC05638 (640x480)


ゴーヤは去年より、やや元気

DSC05643 (640x480)


●7月の時点では、こんな可愛らしいヘチマだった

DSC05454 (480x640)


ほのぼの、と

DSC05458 (480x640)



●10月中旬には、こんな太い根になり

DSC05728 (640x480)


わしゃしゃしゃしゃーーー! と

DSC05713 (480x640)


増殖。

DSC05734 (640x480)


こんなコがたくさんいる

DSC05720 (480x640)


満足げな荒井さん

DSC05722 (640x480)


豊作豊作

DSC05706 (640x480)


「今年は、ヘチマとゴーヤにいろいろ教えられたよ。ヘチマはよぉ・・・」と、
荒井さんの 悟りの境地入り した話もきいた。
だけど、ヘチマから、最後はやはり荒井さんの自転車哲学に繋がるという恐ろしきヘチマ。
荒井さん。


知識の引き出しがたくさんあって、
それを組合せ・発展させ・つくったりするアイディアもいっぱいあって。
さらに考えをカタチにする技術もあり、本当に作るから。

ヘチマだろうと、別のものだろうと、荒井さんにひっかかる“お題”のような刺激があれば、
なんか、そんな感じに自転車に繋がるのだろう・・・と聞きながら思いました。


で、“ヘチマ”以外の、
もっと重要な“お題”を具体化した作品が工房におりました。


つづく。
関連記事

コメント

非公開コメント