【Eiger :1】Eigerと、さくら桜

昨年の秋、いろんな人のお知恵やご協力を得て、
念願の自転車・ランドナーをゲットできた。
MIYATAのEiger

だけど残念ながらママチャリと違って、
購入してすぐにスイスイっと乗れるものではなかった。
ドロップハンドルも、ギア付きの自転車を所有するのも初めてで
知らないことが多すぎた。

HP情報からフレーム47㎝は身長155㎝〜って出ているし、
「これなら私も乗れるサイズだ、大丈夫」って思ってた。
だけど実際跨ってみると、無理だ…致命的なところで手が届かない!と、
驚いてしまった。
いきなりランドナーが欲しいなんて、無謀なことなのだろうか…
という考えもよぎったし、なんだか無知すぎて恥ずかしい気持ちにもなった。

他にも「え?!そうなの??」とビックリの連続で、
ただ私には心強い協力者がいてくれたのが救いだった。
そこのところから親切なぽきさんや森田さんに教えて頂いた。
自転車通?の常識を知り、「なるほど…」と納得したり。

貴重なアドバイスをいただいて、こういう風な乗り方をしたい!と相談もして、
サイクルスポット西永福店の森田さんにレストアしていただき、
私に合った、大のお気に入りの自転車に仕上がった。

IMG_3298.jpg

正直、お二人がいなかったら、Eigerは「乗りたい、けど…」で終わっていた。
何をどうすればよいかわからないし、
誰に相談したらよいのかもわからなかっただろう。

ママチャリからステップアップした自転車に乗りたい!という人には、
お二人のような”自転車コンサルタント”的な存在なしには
納得の自転車を手にいれるのはとても難しい。

誰と関わり手に入れられるか?(誰から買えるか?)によって、
こんなに満足度が左右される品物ってなかなかない気がする。
私はかなり、ラッキーだった。

そうこうしていると、冬がきて。
ヘタレな私には、自転車で荒川を越えるのは寒すぎて。
Eigerをしばし冬眠させてしまっていた。
近場は俄然Kcoスペシャルが活躍する。

気がつくと、桜の咲く季節になっていた。

まだ少し肌寒いけれど、冬眠から目覚めさせよう!と友達との待ち合わせ場所まで、
Eigerに乗って出かけた。

どこを走っても、桜が色鮮やかに咲いていた。

IMG_3299.jpg

目的地に着くまで、多くの桜と出会い、お花見を満喫。

川沿いには桜が多い
IMG_3366.jpg

鳩もお花見していた

IMG_3365.jpg

冬眠目覚めの記念に桜と記念撮影

IMG_3301.jpg

目的地に着くまでをも快適に楽しめるのが、ランドナーの魅力だと知った。
関連記事

コメント

非公開コメント