【Eiger :4おわり】レストアしたところなど


Eigerをお得に中古で手に入れられたのだけど、
お気に入りの愛車にどのように変身したかの備忘録を残しておこうと思う。

⚫︎中古で購入したばかりのときは、こんなだった。
 (ペダルはついていなかった)

IMG_3304.jpg


⚫︎レストア後はこちら

FullSizeRender-3.jpg


⚫︎まず、これを使いたい!と保管していた革サドルに交換

IMG_3292.jpg


⚫︎ドロップハンドルも私の肩幅考慮して適切なサイズに交換。
 バーテープも焦げ茶色に巻き直してもらった。巻き目がキレイで惚れ惚れ。
 ブレーキワイヤーの長さも、フロントバッグを付けることを見越して絶妙に調整。

IMG_3296.jpg


⚫︎ステムも、サドルに座ってハンドルまでの丁度良い距離・乗車姿勢を探り、
いい具合に運転ポジションを保てるものに交換。
ステムってフレームとハンドルを物理的にただ繋ぐ役割だけでなく、
こんなに重要な役割が!と知る。

IMG_3293.jpg


⚫︎ペダルをつけて

IMG_3294.jpg


⚫︎フロントバッグを装着するためのキャリアもつけた。
 ライトも追加。キャリアにライトを付けるL字のはオリジナルとのこと。
 すっきり収まり気持ちがいい。

IMG_3286.jpg

⚫︎街でドロップハンドルの自転車に着いているのをあまり見たことないですが、
 たっての希望でスタンドもつけてもらった。
 Kcoスペシャルのも中央部分にスタンドがあるけれど、1本で支えるタイプのものだから
 前かごにちょっと重さのある荷物があると、バランス悪く少し不安。
 2本で支えるタイプのこれは、使ってみるとかーなりイイ。
 停めるときにはハの字に開いた2本と前輪の3点で支える(後輪は浮く)から安定するし、
 走る時にはお箸のように2本揃って片側にスッと上がり、自転車と同化する。
 
IMG_3295.jpg

 スタンドがあれば、立てかけて自転車を停められる場所を探すストレスもないから、
 目的地途中でちょくちょく停めて景色をみたり、写真を撮ったり、
 気になるお店を覗いてみたり…スタンドがあるだけで、気軽さがかなり違う。
 一度に長距離をずっと走るだけではなく、街乗りもするよという人にはオススメ。


乗れるようにするためのカスタム + 快適に乗るためのプラスαのカスタム
のために、パーツとそのデザインなど選んで行ったら、
なんと西永福の森田さんが既に組んでいたEigerのほぼコピーになってしまった!
展示してあるその自転車をみて、「これと同じのが欲しい」と注文する人もいるそうなので、
私にも印象的に記憶に残っていたんだろう。
そのEigerの展示車は更に”ほぉ〜”と高度でニクいカスタムもされている。


森田さん、ありがとうございました!
ぽきさん、全面的にサポートありがとうございました!

FullSizeRender-4.jpg

まずは家から少し長い距離を走ることに慣れたい。
ゆくゆくは輪行にもトライしたいなぁ。
一緒にサイクリングしてくれる仲間とかできたらいいなぁと思う。
関連記事

コメント

非公開コメント