四津山神社(高見城跡)ハイキング @小川町

5月下旬の平日。

年に数回、群馬に住む友人と会っている。
会うタイミングは、ぐんまちゃんをテレビで見て彼女のことを思い出した、とか、
暖かくなってきたけど前に会ったのは少し寒い時期だったなぁとふと思い出したり、
そんな適当なきっかけで連絡しあったりする。

いつも中間地点で彼女は車で、私は電車で落ち合い、
ドライブしたり、私の好きな 道の駅 を探して寄ってくれたり。
ただ、とりとめのないおしゃべりをして過ごす。

今回は、いつものそれとは違って、ハイキングをしよう!と誘ってみた。
このところ、私が山登りづいているから。

二人のちょうど良い場所に、ハイキングコースを見つけた。

東武東上線小川町駅出発の
四津山神社コースipeg 

平日で、しかも しとしと雨降る中のスタート。
あたりを見回すと車は通っていても人の姿は片手で数えられるほど。
わたしの里山散策気分がちいさく盛り上がってきた。

小川町 四津山神社コース1 


「木がもりっとあるけれど、これなんだろう?」
と、聞いたら「桑だよ」と教えてくれた。
群馬の富岡製糸場が世界文化遺産になって、
少なくなっていた桑の栽培を増やして行こうって群馬県で動きがあるらしい。
そんなことも話してくれた。

小川町 四津山神社コース3 


葱坊主、わたし初めてみたかも。
うまいことネーミングして…と誰だか知らないけれど、
名付け親に感心する。

小川町 四津山神社コース2 


坂と階段で入口から四津山神社のある頂上まで75mくらい一気に登る。
途中から二人、無口になってはぁはぁ言いながら足を前に出す。
頂上に着くと傘が必要なくらい雨が降っていた。
降り出したのか、高いところへ着いてここだけ降っているのかわからないけれど、
体感温度はひんやり低くなっていた。そして、清々しい。
コースへ戻るため神社を後にし下ると、少し蒸しっと気温も高く感じた。

小川町 四津山神社コース4 


そういえば、今年初めての紫陽花かも。
雨とちょうどよくマッチしていた。

小川町 四津山神社コース5 

地図を見つつも気づかずルートから外れることを数回繰り返し、
「ゆっくり歩いて約2時間」のはずが、ゴールに3時間もかかってしまった。
時々傘をさしながらだったので、歩く速度もゆっくりだったし、
コース指導標を見落としていたこと、二人して地図が苦手というのがその理由。

ゴール後にお蕎麦屋さんでお昼をとることを決めていたので、
それを励みにせっせとお腹を空かせて歩き続けた。

電車で気軽に里山ハイキング、想像以上に気分良い。
次は越生など、別のコースを歩いてみたい。



関連記事

コメント

非公開コメント