梅雨入り宣言


梅雨入り宣言がでて間もない6月1回目のお稽古。
今年は空梅雨で夏は酷暑とのことだけど、水不足は大丈夫なのだろうか?
雨も降っているのに湿度もずっと高い状態…というのは勘弁してほしいが、
雨降り後の清々しい空気と雨の跡、特に植物を濡らした水がキラキラ光るさまが好きなので、
「梅雨が過ぎるのを待つ」と、ネガティブに偏らず過ごしたい。

この日は降るかなぁ?どうかなぁ?という空模様で、朝から天気予報とにらめっこしていた。
というのも、普段は実家近くの先生のお宅へ伺うときは、愛車のEigarでちんたら40分弱ペダルを漕いで向かうから。
電車の場合はぐるっと回って乗り継ぎがあり、同じくらい時間がかかる。
乗ってるだけで私を運んでくれる電車は便利でありがたいけど、人混みの中で立ち続けることより自力でペダルを漕いで進む方が私は好きだ。
「曇り時々雨」予報が変わらないので迷った挙句電車を選んだ。
だけど1日曇りで乗り切ったので、自分の決断になんだか損した気分。

先生のお宅の玄関には、THE 梅雨! とでも言いたげな、紫陽花が咲いていた。
湿度が高く暑いので、少しぐったり気味だけど。

6/9


私の花材は、もう向日葵!

6/9 

パッ!っと明るい気分にさせてくれる向日葵の存在感とパワーはすごいなぁと感心しつつ、
もうちょっと遅い時期に会えてもよかったな。

6/9 

リボンのようにくるくるくるくる…遊んでみた。

関連記事

コメント

非公開コメント