つるうめもどき

8月は稽古がお休みで、9月は私が通うことができず、2ヶ月ぶりに伺った。沖縄周辺では台風21号の勢力が凄まじく、こちらにも爆弾低気圧が成長しながら近づいている。昼過ぎから雨粒が落ちてきた。なんだか先生のお宅へは、傘をさして向かうことが多い気がする。けむりの木。草花のデザインって不思議だ。花が散った後の花柄(かへい)がけむりの様になるらしい。どういう理由でこんな ふわふわもくもく になる必要があるのだ...

ひょうたん

玄関のひょうたんころ ころころ床の間のひょうたんふらふら ころ水につけて柔らかくした藁で枝に吊られる ころんひょうたん ひょうたん...

夏のある日

道すがら、ふつうににょろにょろに会った。そんな地元。●先生のお宅の玄関のお花こうして、家の中にも草花を絶やさない暮らしを何十年も続け、それが生活の一部だから当たり前のことで。そういうのを受け継ぎたいな。●床の間の葉は、暑さにしょげ気味だった。「紫蘇は家にあります?」と聞かれて、「はい、好きなので。育ててはいませんが…」とこたえると、「うちの持って行ってくださいな」と、日差しの強いお庭に採りに行ってく...

けむりの木

玄関横に、けむりの木があった。生徒さんがおいていったそう。ここ数年、いけばな展に行くとピンク色のけむりの木がよく使われていたので、花材として流行っているのかな?と思っていたけれど、こういう木なんだ~?しばし観察。ふわ~ふわふわ~っと、やわらかい。けれど、こまかく張りがある。ふわ●玄関にはいる食べたら、渋いだろうな。とかこういう色の変化、好き。床の間は、紅葉数種類の紅葉の木が一緒にいけられている。私...

未央柳など

玄関にちょこんと。愛らしい●6月、この日の花材は未央柳(びょうやなぎ)、ハマナデシコ、バラボリュームがあるので、花器もそれに合わせて大きく深さのあるものにした。家にはそんな大きな花器がないので、形を変えて数日後、見事に未央柳が咲いてくれた!周りの小さな蕾も咲いてほしいバラも、近くでみるとつくりものみたいだけど、これが本物白い撫子も…負けずに咲くわ!(そうなってほしいと願ってる)...